一戸建ての欠陥住宅は、注文住宅の在来工法に多い | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

一戸建ての欠陥住宅は、注文住宅の在来工法に多い

一戸建て欠陥住宅は、注文住宅の在来工法に多いです。


欠陥住宅として、トラブルが多い建て方は、
ハッキリとデーターで出ています。

自分の購入した土地に、注文住宅を建てる場合と
分譲住宅を購入をした場合は、注文住宅のトラブルが多いです。

規格で決まっている分譲住宅ではなく、
自分の好きなプランで家を建てることができる注文住宅に
住みたい人が多いです。

しかし、注文住宅で家を建てる時は、欠陥住宅のトラブルに
合う可能性が高くなることを知っておくべきです。

このため、注文住宅で家を建てる時は、
慎重になることが不可欠です。

分譲住宅にも建売住宅と売建住宅があります。

欠陥住宅のトラブルが発生しやすいのは、
売建住宅です。

このようなデーターは、ハッキリと出ています。

分譲住宅の売建住宅は、注文住宅に近いので、
購入をする時は、慎重になるべきです。

家を建てる工法としては、欠陥住宅のトラブルが発生をするのは、
木造軸組工法です。

欠陥住宅のトラブル発生件数の約50%を占めています。

一般的なニュースなどでは、2×4や
プレハブ工法が多い印象があります。

しかし、ニュースなどで取り上げられるのは、
全国的に名の知れているメーカーであることが多いです。

実際には、街にある工務店や大工などが建てた家の方が、
欠陥住宅のトラブルが発生する事が多いです。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 家を買う時の考え方 » 一戸建ての欠陥住宅は、注文住宅の在来工法に多い