一戸建ての工事現場では、まず基礎を確認 | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

一戸建ての工事現場では、まず基礎を確認

一戸建ての工事現場では、まず基礎確認することです。


基礎は一番重要です。

これは、一戸建てにかぎらず、すべての建物に通じます。

どれだけ立派な建物を建てても、基礎が脆いと
簡単に家が傾きます。

建売住宅で家本体の工事が始まっている状況であったり
すべて建築が終了をしている物件は、基礎の部分を確認できません。

しかし、注文住宅を購入した時や建売住宅で工事前の場合は、
しっかりと確認をするべきです。

一番最初に確認をする点は、土地が造成をする前に
どのような用途であったか、確認をすることです。

沼地や湿地であれば、造成をしてから一定期間時間をおいて、
地盤を安定させることが必要です。

造成をする前の用途が化学工場であれば、
土地を改善する必要があります。

もし、軟弱な地盤であれば、地盤を強化する必要があります。

地盤に関しては、品確法の10年保証の適用外です。

このため、地盤に問題があった場合は、業者の責任を
問うことができません。

このため、神経質なぐらい地盤を確認をすることが必要です。

基礎を工事をしている時も基礎のコンクリートの部分の厚さや
高さは、しっかりと確認をすることが必要です。

地盤の強さによっては、フーチンを広くしなければいけません。

基礎は、地盤をすべてコンクリートで覆うベタ基礎が
一番安定をしています。

ただ、コンクリートの部分が多いほど費用は掛かります。

しかし、安定をした地盤であっても強固な基礎にすることは
安心ができます。

これ以外にも、一定間隔で換気口が設置をしているか、
確認をすることが必要です。

また、家の土台を固定するアンカーボルトが
しっかりと配置されているか、確認をすることが必要です。

非常に重要な点ですので、設計図と位置を照らし合わせて、
確認をするべきです。

設計図には、アンカーボルトが60本あるのに、
工事をした結果、40本しかない例をあります。

基礎の工事が終わって、本工事が始まっても、
基礎が水平になっているか、確認をすることが必要です。

また、基礎にひび割れが無いか、確認をすることも必要です。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 家を買う時の考え方 » 一戸建ての工事現場では、まず基礎を確認