一戸建てを買う時には、設計図書を作るまでの確認事がある | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

一戸建てを買う時には、設計図書を作るまでの確認事がある

一戸建てを買う時には、設計図書を作るまでの確認事があるのです。


注文住宅を購入をする場合は、最初に設計事務所や
工務店、住宅メーカーなどの担当者に対して、
自分が考えている家のプランを伝えます。

そして、家の予算も伝えます。

その後に、各担当者と相談をして、大まかな設計や
見積もりを作ってもらいます。

その結果、この形で行くことになれば、
正式に図面を作り、見積もりを作ります。

家を購入をする人は、正式な図面と見積もりに納得をすれば、
契約をすることになります。

このため、まず、自分の考えている家のプランや
大まかな予算を伝えた後に、最初の提案に対して、
どのように受けるかによって、その後の行動が違います。

ここまで依頼をした業者が、自分たちの希望を
出来る限り受け入れてくれるか、そして、
ある程度決まっている予算の中で、
どれだけ工夫をしてくれるか、確認をすることです。

そして、この業者であれば、信頼ができると判断をすれば、
契約をすればよいですし、信頼できないと判断をすれば、
契約をしなければよいのです。

設計図書の中で基本的なものは、配置図と平面図です。

配置図は、敷地どのように利用する計画であるか、
示している図面です。

道路と建物の位置関係を示しています。

配置図を見ることで、道路と玄関や勝手口の位置関係を
確認できます。

また、駐車場のスペースも確認できます。

平面図は、簡単に言えば間取り図に近いです。

平面図を見て、部屋数がどれだけ確保されているか、
確認をする必要があります。

自分が希望をする部屋数通り確認をすることが必要です。

そして、部屋の広さも確認をしなければいけません。

部屋の繋がりも確認をして、全体的な家の中の間取りを確認します。

平面図や配置図を見て、実際に自分が家に住んでいるイメージを
することで、住んでいる人の動きや風の通りを確認をすることが必要です。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 家を買う時の考え方 » 一戸建てを買う時には、設計図書を作るまでの確認事がある