一戸建てを買う時には、重要事項説明書は事前に受け取る | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

一戸建てを買う時には、重要事項説明書は事前に受け取る

一戸建てを買う時には、重要事項説明書事前に受け取ることです。


家を購入をする時には、契約をすることが必要です。

その前提条件として、希望をする家が見つかり、
信用できる業者が見つかった時です。

このような条件をクリアして、ようやく契約となります。

しかし、不動産の売買の前には、法律で業者が
重要事項説明をすることが義務となっています。

この重要事項説明というのは、購入をする不動産に関する
重要な事項を書面に書いて、購入者に渡して、
その上で、宅地建物取引主任者の資格保有者が口頭で
説明をする義務があります。

このような手続きをキッチリとやっていることを
確認をする必要があります。

一般的な一戸建ての取引では、契約日当日に
重要事項説明を行います。

しかし、それでは、重要事項の内容がよく分からずに、
契約書に署名と印鑑を押すことになります。

このような事では、一戸建ての重要な事を確認できません。

そのため、重要事項説明書は契約日の前に、
事前に受け取ることです。

そうすれば、契約日前に重要事項説明書を
しっかりと読むことができ、疑問な点を質問できます。

そして、疑問な点をすべて解決をして、契約をすることができます。

さらに、重要事項説明を行う時は、宅地建物取引主任者が資格証を
その場で提示をするか、確認をして、その後に説明を受けます。

このような流れになっているか、しっかりとチェックをすることが必要です。

一戸建ての住所や面積、私道負担の条件などを、
今までの業者の説明と違っていないか、
確認をすることが必要です。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 家を買う時の考え方 » 一戸建てを買う時には、重要事項説明書は事前に受け取る