一戸建てを買う時に、契約書にサインをする前に注意をする点 | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

一戸建てを買う時に、契約書にサインをする前に注意をする点

一戸建てを買う時に、契約書にサインをする前に注意をする点があります。


家を購入をする時に、契約をする時には、契約書に署名と捺印をします。

その契約書に記載されている内容は、
原則として重要事項説明書に書かれています。

このため、契約書に書かれている内容と
重要事項説明書に書かれている内容に違いが無いか、
確認をしなければいけません。

特に、違いが無ければ、大丈夫です。

まず、注意をする点は、家を購入する人の事情によって、
いろいろな特約がしっかりと書かれているか、
確認をすることが必要です。

住宅ローンを利用する時は、もし、住宅ローンの審査に落ちたら、
契約を白紙にできるようになっているか、確認をすることが必要です。

そして、契約を白紙にする時には、
頭金を返してもらえるようになっているか、
確認をすることです。

家やマンションを買い替える場合には、
自分が所有する物件が予定の価格で売れなかった場合は、
契約が白紙にできるようになっているか、
確認をすることが必要です。

もし、このような事が明文化されていないと、
違約金を支払う必要があります。

違約金に関しても、契約書と重要事項説明書に
しっかりと記載されていることを確認する事です。

売主が不動産会社であれば、違約金は売買価格の20%以内と
法律で決まっています。

さらに、どのようなケースが違約金を支払う必要があるか、
ハッキリと明文化されています。

例えば、契約書に記載されている期日に、家を引き渡さない時や
その日に家の代金を支払わない時は、違約金を支払うケースとなります。

このような内容を十分理解したうえで、
契約書に署名と捺印をします。

印鑑は自分で押してください。

悪質な業者は
「契約が面倒なので、こちらで印鑑を預かって、捺印をします。」

このような事を言って、自分が見たこともない書類に
平気で印鑑を押します。

そう澄ましと、自分が知らない不利な契約を結ぶことになります。

印鑑を契約書に押すときは、軽い気持ちで押さないで下さい。

同じように署名も軽い気持ちでしないで下さい。

法的には、署名だけでも、契約が有効となります。

この点は、注意をしてください。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 家を買う時の考え方 » 一戸建てを買う時に、契約書にサインをする前に注意をする点