新築の家は地盤を重視する | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

新築の家は地盤を重視する

新築地盤を重視する事です。


これは、一戸建てのトラブルの原因は、地盤が沈下をする事と、
基礎が完全に作られていないことによることが多いからです。

地盤が弱くて沈下をすれば、当然、基礎も傾きます。

そうなりますと、家の土台や柱が傾きます。

その結果、建具が変形をする事になります。

こうなりますと、床と土台の接合をしている部分が
緩むことになります。

その結果、床鳴り等の症状が出てくるのです。

さらに、クロスがはがれたり、外壁にひびが入ったりします。

このような事は、決してまれな事ではありません。

そのため、このようなトラブルを防ぐには、
地盤改良をすることが必要です。

地盤改良というのは、昔は大きなビルを建てる場合に
行なっていました。

しかし、1980年代から、一般の住宅であっても
地盤改良を行うようになったのです。

このため、1980年以前に建てられている家は、
地盤改良がほとんど行われていません。

ただ、1990年代から建てられた家は、
地盤改良を行っていることが一般的です。

このような事になっているのは、
昔は地盤改良の技術が低かったからです。

しかし、日本の国土の平地のほとんどが沖積層と言われる
地盤が弱い地層であることがほとんどです。

このため、地盤改良をしなければ、非常に危ないです。

地盤の調査は、約5万円で可能です。

新築の家を建設する時は、5万円程度のお金をケチることなく
必ず地盤調査をお願いする事です。

そして、地盤が弱ければ、改良をする必要があります。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 家を買う時の考え方 » 新築の家は地盤を重視する