一戸建てを買い換える時は、売り優先 | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

一戸建てを買い換える時は、売り優先

一戸建て買い換える時は、売り優先が原則です。


現在住んでいる家から新しい家を購入する時は、今の家を売ることが原則です。

これは、家を購入をする資金を先に作って、それから一戸建てを購入をする安全策です。

このような手順が一般的です。

売り優先をすれば、家の売却する価格が決まっていますので、
新しく一戸建てを購入をする時のお金が足りないようなことはありません。

資金不足の状態になることを避けることができます。

また、家をすぐに売る必要が無いため、
売却価格をこちらの希望通りにすることができます。

売却の交渉をする時には、焦ることが無く話を進めることができます。

ただ、売り優先の場合は、新しい家を購入をするまで、
タイムラグが発生をする可能性があります。

現在住んでいる家を売却をした後に、新しい一戸建てに移るまでに
まったく問題なく引越しができるかどうかです。

基本的には、家を売却をした後は賃貸住宅に住むことが多いです。

もし、購入する一戸建てが決まっていれば、家を売却をした後は、
引き渡しを受けるまで、定期借家契約をしたり、
ウィークリーマンションに住んだりできます。

しかし、当然住居費用が必要です。

もし、自分が希望する一戸建てが見つかった時は、
その物件を先に購入をする買い先行という考え方もあります。

ただ、買い先行は一戸建てを購入をする資金が必要です。

この為、二重ローンをする可能性もあり、かなりリスクがあります。

このような事を防ぐために、買い換え特約という契約ができます。

一戸建てを買い換える時に、新しい家を購入をする契約時に特約として
「一定期間内に家が売却できない時は、契約を白紙にする」
と条項を設けることです。

こうする事で、リスクを回避できます。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 家を買う時の考え方 » 一戸建てを買い換える時は、売り優先