一戸建てを購入する時に、分譲地のモデルハウスの確認点 | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

一戸建てを購入する時に、分譲地のモデルハウスの確認点

一戸建てを購入する時に、分譲地のモデルハウスの確認点があります。


販売戸数が多い分譲地では、家を一戸だけ先に建築をして、
見学用の物件として、モデルハウスとすることがあります。

住宅展示場にあるモデルハウスとは、まったく違います。

販売をする戸数が少ないときは、実際に販売をする家をモデルハウスとします。

このようなモデルハウスを見学をする時は、必要なものがあります。

それは、長さを計測するメジャーと記録するカメラとメモ帳です。

モデルハウスに行きますと、案内パンフレットをもらえることが多いですが、
このパンフレットの内容と実際に建っているモデルハウスの現物が
同じであるか、確認をする必要があります。

パンフレットでは、部屋の広さが6畳であっても、
実際に標準的な6畳の広さであるとは限りません。

特に、家具が置かれていない部屋は、広く感じます。

このため、きっちりとメジャーで計測をすることが必要です。

同じような事が駐車場に関しても言えます。

パンフレットには、駐車場には車が2台停めれると表記されていても、
実際には軽自動車が2台しか停めれないこともあります。

このような事を行っている業者は、信用できないです。

モデルハウスは、見学者に魅せるための家ですので、
豪華に造られていることが一般的です。

そのため、システムキッチンやユニットバスなどは、
非常に見栄えが良いものと使っています。

このような設備は、家を購入する時には、
別料金が必要であるか、確認をすることが必要です。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 家を買う時の考え方 » 一戸建てを購入する時に、分譲地のモデルハウスの確認点