良い家を購入する場合には、営業マンといい関係を作る | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

良い家を購入する場合には、営業マンといい関係を作る

良い家購入する場合には、営業マンといい関係を作ることです。


一戸建てを買う時は、どのようなケースであっても、
まずは不動産会社に出向きます。

そして、そこで自分が希望をする家の条件を伝えます。

購入をしたい家の地域、家の予算、家の部屋数や間取り、
駐車場の台数などです。

このような事は、不動産会社の中では
マニュアル化をされていることがほとんどです。

ただ、具体的な条件がある場合は、
その条件を詳しく伝える必要があります。

「車を普段から使うので、都心でなくてもよい。」

「高齢者がいるから、病院が近い方が良い。」

このような具体的な個人の要望は、
自分達しか分からないことです。

そのため、このような個人的な要望は、
あらかじめ紙に書いて、リストにして、
営業マンに渡すと良いです。

そして、不動産会社は一社だけでなく、
たくさんの業者に顔を出すべきです。

不動産物件は、一般的に業者間で
レインズなどで情報を共有しています。

そのため、どの不動産会社に行っても、
同じ物件があることがあります。

このような事を考えれば、たくさんの業者に出向いていれば、
それだけ豊富な物件の情報を知ることができます。

また、よく誤解をしている人がいますが、
不動産会社の営業マンは、買い主の味方です。

少なくとも、売主や勤めている会社よりは
買い主の味方です。

なぜかと言いますと、物件の値段交渉などを
率先をして行ってくれるからです。

例えば、3200万円の物件があったとします。

その物件を買主が気に入ったとします。

しかし、買い主の予算が3000万円であれば、
買い主は購入をためらいます。

ここで、良心的な営業マンは、売主に連絡をして、
3200万円の物件を3000万円に値引きしないか、
相談をしてくれます。

不動産というのは、一割ぐらいは
簡単に売主が値引きをするものです。

このような事は不動産の営業マンであれば、
全員が知っていることです。

このため、不動産会社の営業マンといい関係を作っておけば、
良い物件を早く紹介してもらって、予算以上の物件を
予算の範囲で購入する事ができるのです。

そのためにも、不動産会社の営業マンには、
「お客だ」という上から目線の態度ではなく、
対等の関係として接するべきです。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 家を買う時の考え方 » 良い家を購入する場合には、営業マンといい関係を作る