新築の売れ残り物件は安くなる | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

新築の売れ残り物件は安くなる

新築売れ残り物件安くなるのです。


大きな規模の分譲開発の物件は、不動産会社が大きな借金をして
開発をしています。

そのため、早く借金を返済をしないと不動産会社は
倒産をする可能性があります。

分譲物件の規模が大きければ、大きいほど借金の金額は多額になります。

当然、借金の金利も相当な額となります。

このため、大きな分譲開発の新築の物件は、早く1件でも売り払いたいのです。

そして、売れ残りが無いようにしないといけません。

ただ、現実には、大きな分譲開発の新築の家には、
売れ残り物件が必ず存在をします。

日当たりが良くないとか、接道関係が悪いとか、
いろいろな理由によって、売れ残る新築の家があります。

このような物件を交渉をすることで、新築の家を安く買えるのです。

しかし、不動産会社から率先をして「値引き」を口にすることはありません。

なぜなら、家を売却価格そのままで購入をしてくれたら、
それに越したことがないからです。

そのため、このような売れ残り物件は、購入者から
値引きの交渉を切り出す必要があります。

このような値引きの交渉ができるのは、
大きな分譲開発物件に限りません。

小規模・中規模分譲開発物件であっても
十分、売れ残り物件であれば値引きの交渉が可能です。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 家を買う時の考え方 » 新築の売れ残り物件は安くなる