小規模開発で販売されている新築一戸建ての特徴 | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

小規模開発で販売されている新築一戸建ての特徴

小規模開発で販売されている新築一戸建ての特徴をご紹介します。


小規模開発の分譲住宅は、都心が立地であることが多いです。

このため、都心に行くには非常に便利です。

通勤などには便利な交通環境であるため、
住んでみると快適に感じます。

また、都心と言えど、道路はすでに作られているので、
開発費が安くなり、新築の一戸建ての価格は、
意外なほど安くなる傾向があります。

このような状況から、予算が限られている人であっても
新築の一戸建てを購入できるチャンスがあります。

しかし、小規模開発の分譲住宅にはデメリットもあります。

昔ながらの住宅地では、多種多様な人が住んでいます。

このため、防犯面で不安を感じることもあります。

街自体が住宅が密集をしている地域であるため、
生活環境は決して良好とはいえないケースもあります。

さらに、昔からの自治会に入会をする必要が多いです。

そのため、新しく自治会に入会をする人は、
多くの古き習慣を守る必要があります。

このような事から、人間関係のしがらみが嫌いな人には
向いていない小規模開発の住宅地が多いです。

新築の一戸建てを購入する時は、
購入をする住宅地の環境をよく調べることが必要です。

そして、自分の生活や価値観にあっている場所であるか、
よく確認をすることが必要です。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 家を買う時の考え方 » 小規模開発で販売されている新築一戸建ての特徴