新築の一戸建ての寝室の間取りのポイント | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

新築の一戸建ての寝室の間取りのポイント

新築の一戸建て寝室間取りのポイントをご紹介します。


寝室は、寝るだけの部屋のため、
日当たりが悪い北側の部屋が良いでしょう。

北側の部屋は、使い勝手が良くないため、
自分たちの寝室にすることがベストです。

寝室が日当たりが良すぎると、夏などは
暑くて、眠りが浅くなる時もあります。

寝室で一番必要な事は、通風が良いことです。

布団の湿気を残さないように、
常に風が通っている状態が非常に良い環境を作ります。

風通しが良いと、暑い夏はエアコンを使わなくても、
ぐっすりと寝ることができます。

ただ、自分の書斎が無い場合は、
寝室が自分たちの部屋となります。

そのため、日当たりが悪いことが多いので、
照明などをしっかりとつける必要があります。

また、寝室の位置と隣の家の位置を
確認をすることが必要です。

隣の家の部屋から自分たちの寝室の距離が近ければ、
騒音などでうるさくて眠れない可能性もあります。

寝室には、ベランダがあると便利です。

ベランダがありますと、布団をすぐに干すことができます。

寝室の広さは、多少は広い方が良いです。

シングルベットが二つ十分に入るぐらいの広さがあれば、
快適に睡眠を取ることができます。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 家を買う時の考え方 » 新築の一戸建ての寝室の間取りのポイント