注文住宅の間取りを考える時は、プライバシーを考える | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

注文住宅の間取りを考える時は、プライバシーを考える

注文住宅間取りを考える時は、プライバシーを考える事です。


自分の家は、居心地の良い場所にしたいです。

そのためには、いろいろな視線を考えることが必要です。

家族からの視線、外部からの視線などです。

もし、部屋の中でごろ寝をしたい人は、
外から見えるような部屋であれば、とてもできません。

そうなれば、落ち着くことができませんし、
居心地がよくもないです。

そのような時は、隣の家との関係を良く考えることです。

隣の家がすぐにあって、覗かれていると感じているのであれば、
高い堀を作ることが必要です。

また、景色が開けている場合は、低い堀を作ることです。

居心地を確保するには、プライバシーを最大限確保をする事です。

他人の視界を遮ることがポイントになりますから、
部屋を仕切る壁は、プライバシー確保に非常に有効です。

人間というのは、壁に囲まれると、非常に安心をします。

実際に、家というのは、壁に囲まれていることを考えれば、
非常によく分かります。

大昔は、家というのは、雨風から身を守り、
侵入者が自分の敷地に入ってこないようにするための
役割がありました。

このような事もあって、壁などで四方を囲まれると
安心をするのです。

家の部屋というのは、広すぎるとあまり落ち着きませんが、
逆に狭すぎると、窮屈感を感じます。

適度な広さで、適度にプライバシーを確保する事が、
居心地が良い家の造りです。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 家を買う時の考え方 » 注文住宅の間取りを考える時は、プライバシーを考える