住宅ローンを借りる時は、金融機関の言いなりにならない | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

住宅ローンを借りる時は、金融機関の言いなりにならない

住宅ローンを借りる時は、金融機関言いなりにならない事です。


家を購入をする時に、ほとんどの人が住宅ローンを利用します。

この時に、金融機関というのは住宅ローンであれば、
簡単にお金を貸してくれます。

その理由は非常に簡単です。

なぜなら、住宅ローンは金融機関にとって、
非常に美味しい金融商品であるからです。

そのため、金融機関は支払いが厳しい条件の人であっても
平気で住宅ローンを組んでくれます。

このような現実を知っておくことです。

もし、住宅ローンを自分が支払えない金額まで借りて、
返すことができなければ、大損をして再起不能になるのは
家を購入をする自分自身です。

金融機関は、住宅ローンの支払いが滞っても、
担保に入れている家を競売にかければ、
かなりの融資した金額を回収できるのです。

そして、さらに残りの住宅ローンの残金を
家の所有者に請求できます。

このため、住宅ローンを借りる時は、
金融機関の言いなりにならずに、自分の返済できる金額だけを
借りるようにしないといけません。

ですから、家を購入をする時は非常に冷静になる必要があります。

自分や妻の希望をすべて叶えるような家を購入をして、
将来住宅ローンの支払いができなくなれば、
自分や家族の人生が台無しとなります。

このような事を自覚するべきです。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 家を購入するための住宅ローンの考え方 » 住宅ローンを借りる時は、金融機関の言いなりにならない