良い注文住宅を建てるには、工務店の施行体制を確認する | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

良い注文住宅を建てるには、工務店の施行体制を確認する

良い注文住宅を建てるには、工務店施行体制を確認することです。


欠陥住宅ができる原因は、大きなものとして請け負う会社と
実際に工事をする職人が繋がっていないことが多いです。

このため、建築会社の施行体制をしっかりと確認する必要があります。

工務店などに注文住宅を発注する時は、
どのような形で職人と繋がっているか、知る必要があります。

一番いけない施行体制は、「丸投げ」をする会社です。

このような体制の会社は、実際に家を建てる職人まで、
しっかりした管理ができません。

「丸投げ」というのは、発注を受けた会社が
すべて下請けにそのまま発注をする事です。

そして、実際には下請からその下の下請けに丸投げされます。

このため、孫請けといわれる会社が実際に注文住宅を建てる工事をします。

これでは、発注をした会社に自分が考えている注文住宅のプランを
しっかり伝えても、孫請けの職人までは届かないことがほとんどです。

それでは、実際に工事をする職人が責任感を持って家を建てる工事を
する事が少なくなります。

このような施行体制では、下請け⇒孫下請⇒職人と
中間業者がいくつも入ります。

そうなりますと、間に入っている業者は手数料を取るので、
一番下の職人には安い単価で仕事をしてもらうことになります。

また、手数料がたくさん取られているので、注文住宅の単価も高くなるのです。

このため、工務店の体制を知っておくと、欠陥住宅が建つ可能性を低くできます。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 一戸建てを購入するためのノウハウ » 良い注文住宅を建てるには、工務店の施行体制を確認する