良い注文住宅を建てるには、工務店に伏図を見せてもらう | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

良い注文住宅を建てるには、工務店に伏図を見せてもらう

良い注文住宅を建てるには、工務店伏図を見せてもらう事です。


家を建てる時には、いろいろな建築会社を調べます。

そして、しっかりした建築会社に発注をしたいです。

その中には、工務店も含まれています。

では、工務店の良し悪しを判断をするには、どうすればいいでしょうか?

これは簡単な方法で調べることができます。

まず、「伏図」(ふせず)の確認をする事です。

この確認をするには、現場見学内などでする事です。

発注をしてから確認をしては意味が無いです。

しかし、しっかりしていない工務店では、
この伏図の事を作っていない場合もあります。

特に、営業の人間は伏図の存在すら知らない人がいます。

この伏図というのは、簡単に言えば家を建てる時に用いる構造の図面です。

伏図には、住宅の構造で一番重要な部分を表記しています。

木造の家では、伏図には基礎・土台・二階の梁・屋根の下の梁・すべての柱など
重要な構造が書かれています。

しかし、この伏図が無くても家を建てることは可能ですし、
実際に多くのケースで伏図なしで家を建てることも珍しくありません。

なぜなら、現在ではプレカット図面で材木を加工をして、
現場で伏図のようなものを書いて、家を組み立てているからです。

このため、伏図が無い場合は、しっかりした
構造のチェックができないのです。

伏図がない事は図面がない事になりますから、
そのようなものが無い状態で家を建てるのは、
しっかりチェックができない事と一緒です。

このため、伏図の存在を確認をする事は必要です。

そして、それは工務店で作ったものであるか、
確認をする事が必要です。

工務店が作っていない伏図を持っている場合は、
その工務店はよくないと判断をしてよいです。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 一戸建てを購入するためのノウハウ » 良い注文住宅を建てるには、工務店に伏図を見せてもらう