注文住宅は耐震構造や性能表示の義務化のため大工が建ててない | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

注文住宅は耐震構造や性能表示の義務化のため大工が建ててない

注文住宅は耐震構造や性能表示の義務化のため大工が建ててないです。


一昔前は、大工という職人が木材の寸法を現場で合わせて、家を建てていました。

しかし、そのような光景は、ほとんど現在ではありません。

もしあるとすれば、総ヒノキ造りの家ぐらいです。

現在の一般的な家の作り方は、まず、工場で木造の素材を加工をします。

そして、現場でその素材を組み立てることが一般的です。

実際に大工がノミやカンナを使う事はほとんどありません。

このような事になったのは、ハッキリとした理由があります。

阪神大震災以降、一般の住宅でも地震に強い家を作ることを
法律で義務化したのです。

そして、建築基準法の改正によって、耐震構造や性能表示の義務化となったのです。

それまでの家を建てる方法では、大工が自分のノウハウで家を作っていたので
設計と実際に完成をする家の性能とのバラつきがありました。

このようなバラつきをなくすために、工場で素材を加工をして
品質を均一化したのです。

さらに、コストダウンもできるようになりました。

その結果、工場で家の素材を作ることは納期の短縮とコストダウンが
両立してできるようになったのです。

このため、現在では注文住宅であっても
大工が家を自分の手で建てることはほとんどないのです。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 一戸建てを購入するためのノウハウ » 注文住宅は耐震構造や性能表示の義務化のため大工が建ててない