注文住宅は10年保証の瑕疵担保によって大工が建ててない | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

注文住宅は10年保証の瑕疵担保によって大工が建ててない

注文住宅10年保証瑕疵担保によって大工が建ててないです。


これは建築基準法が改正されたことにより、
厳しく瑕疵(欠陥)が保証されるようになりました。

欠陥住宅は、大昔から問題されており、現在でも存在をします。

このため、家という国民の財産の安全を担保するために
新築の家は10年間は、構造部分に関する欠陥は
すべて、売主であるハウスメーカーや工務店が
責任を負う事になりました。

このような法律の改正により、設計の専門家でもない大工は
自分のノウハウだけで家を建てることができなくなりました。

また、品質を均等化する事も大工のノウハウだけではできません。

そのため、品質の保証ができない大工が建てた家は、
書類などが揃わないため損害保険会社が保険を
掛けることが難しくなったのです。

このような事もあって、職人の大工というものがいなくなったのです。

しかし、完全に大工がいなくなったかと言えばそうでもありません。

現在であっても建前は大工の腕でまったく違うのです。

建前というのは、柱を組む作業ですが、
これは大工の腕でまったく品質が違うのです。

また、現在の大工は室内の建具も作ります。

このため、現在の大工は木材を取り扱う職人として
クローゼットや床などを作っているのです。

そのため、今でも注文住宅を建てるには大工は必要です。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 一戸建てを購入するためのノウハウ » 注文住宅は10年保証の瑕疵担保によって大工が建ててない