注文住宅を建てるには土地の条件を確認する | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

注文住宅を建てるには土地の条件を確認する

注文住宅を建てるには土地条件を確認する事です。


一般的な住宅用の土地は、建ぺい率が60%であり、容積率が100%以上です。

そのため、特に気にする必要が無いですが、中には建ぺい率が30%の土地もあります。

そのような土地は1階の施行面積が非常に狭くなります。

このため、狭い土地では建ぺい率が低いといろいろ問題となります。

土地の広さが30坪程度しかないと、建てれる家の面積も狭くなります。

しかし、土地が45坪以上であれば、そんなに気にする必要がありません。

このような土地の条件を確認できれば、次に間取りを決める前に
土地の方向を確認する必要があります。

土地の向きは、非常に重要です。

その後に、土地の面積や形状などが重要となります。

次に道路の位置と隣の家との距離が重要となります。

土地の向きとして、南向きは一番良いです。

南向きであれば、太陽の光が入りやすいので、住む環境として適しています。

西南の向きは、風水の世界では一番評価が高いです。

建てる家の全ての部屋に陽が入るので間取りを考えるのに困る必要が無いです。

東南の向きは、土地の値段が一番高いです。

西南の向きと同じようにすべての部屋に陽が入ります。

北向きの土地は、広ければ最高などは問題が無いです。

土地の値段が一番安いので、土地を広く取ることができ
駐車場をたくさん作れます。

このように注文住宅を建てる時は、土地の条件を考える必要があります。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 一戸建てを購入するためのノウハウ » 注文住宅を建てるには土地の条件を確認する