注文住宅を建てる時の部屋数と配置の考え方 | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

注文住宅を建てる時の部屋数と配置の考え方

注文住宅を建てる時の部屋数配置の考え方があります。


必要な部屋数を考えることで自然と間取りもできてきます。

一般的に4人家族の場合は、1人ずつ個室が必要であれば、
4部屋の独立した部屋が必要です。

これにリビングやダイニングなどが必要となります。

そして、キッチンやトイレ、お風呂などは絶対に必要となります。

このような事を考えれば、4人家族の場合は4LDKや5DKという
間取りが一般的です。

間取りの考え方として、生活をする場が1階となります。

そのため、キッチンやリビング、ダイニング、お風呂やトイレなどは
1階に設定をする事が多いです。

そして、2階に個室を設定をします。

間取りで一番簡単に決める方法は、キッチンを一番最初に考えることです。

キッチンのタイプと位置を決めると、
自然とダイニングとリビングの位置も決まります。

注文住宅であれば、個室の部屋にどのようなイメージがあるか、
設計士の人に伝えると、より自分の理想のプランに近づけることができます。

個室などには収納スペースがあると、家が散らかることが少なくなります。

収納スペースは、有って困ることが無いです。

また、あとから取り付けることはできないので、
最初から間取りの中に入れておくべきです。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 一戸建てを購入するためのノウハウ » 注文住宅を建てる時の部屋数と配置の考え方