注文住宅の間取りを決める時は動線が重要 | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

注文住宅の間取りを決める時は動線が重要

注文住宅間取りを決める時は動線が重要です。


動線というのは、家に人が住んでいる時にどのように動くか、
その行動を線上に表わすことです。

この動線を考えて間取りを考えなければ、注文住宅を建てて住んだ後に
自宅の中で無駄な動きをする必要になります。

そうなりますと、億劫な生活となります。

例えば、キッチンとリビングが遠い間取りになりますと、
食事をした後、リビングで休むまでに遠い距離を歩く必要があります。

また、リビングから風呂場まで遠いと、リビングでくつろいでいて
その後に風呂に入る場合に、風呂に入るまで時間が掛かります。

このような事を防ぐために、部屋の機能の事を考えて
人間が動く距離を最短にすることが必要です。

キッチンのタイプをクローズドにしますと、洗面所や風呂場は
キッチンから近い方が良いです。

そして、キッチンからダイニングやリビングも近い方が良いです。

キッチンとダイニングを隣同士にする事で、料理をしている時の匂いがしたり
料理をテーブルまで運ぶ距離が短くなって、家事をするうえで非常に楽です。

このように間取りを決める時は、普段の生活をよく考えて、
どのように行動を毎日しているのか、そのパターンを間取りに取り入れると
非常に快適に自分の建てた家に住むことができます。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 一戸建てを購入するためのノウハウ » 注文住宅の間取りを決める時は動線が重要