注文住宅の本設計では、変更はほとんど出来ない | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

注文住宅の本設計では、変更はほとんど出来ない

注文住宅本設計では、変更はほとんど出来ないです。


本設計ができている時点では、間取りや窓の変更などはほとんど出来ません。

なぜかと言いますと、本設計では筋代えの位置などが決定しています。

そのため、窓を変更したすると筋代えに当たることがあるからです。

そうなりますと、窓が入らない可能性があるのです。

窓のデザインや色の変更をする事は可能ですが、位置や大きさを変更する事はできません。

ただ、窓を小さくすることはできます。

窓というのは、注文住宅を建てる人にとっては多く設置をしたいと考えます。

しかし、窓は多ければいいものではありません。

例えば、窓が多いと家具が置きにくくなります。

また、冷暖房の効きが悪くなって、光熱費が高くなったりします。

さらに、窓が多いと耐震性が悪くなります。

家の強度が弱くなるからです。

このため、窓の設置を考える時は、実際に家に住んでいるイメージで
プランを考えることが必要です。

これ以外にもドアや引き戸などの確認も必要です。

ドアを開けた時に、邪魔にならないような設計になっているか
しっかりと確認をする必要があります。

このような確認をしなければ、住みにくい家となってしまい
後悔をする事に繋がります。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 一戸建てを購入するためのノウハウ » 注文住宅の本設計では、変更はほとんど出来ない