注文住宅の電気設計図でスイッチやコンセントを確認 | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

注文住宅の電気設計図でスイッチやコンセントを確認

注文住宅電気設計図でスイッチやコンセントを確認する事が必要です。


そのためには、前提条件があります。

まず、各部屋をどのようなコンセプトとしているか、
決定をしていることが必要です。

このため、間取りを決める段階で各部屋の使用目的を
キッチリと決めておくことが必要です。

一般的にハウスメーカーや工務店は、
適当にスイッチやコンセントを配置しがちです。

ですから、キッチリと確認をする事が必要です。

もし、見直しをしなければ、生活をするうえで不便になります。

寝室に関しては、最低3つコンセントがあれば大丈夫です。

寝室は寝るための部屋ですので、部屋の端の下にコンセントがあれば大丈夫です。

掃除などをする時は、コンセントが下にあれば非常に便利です。

また、ベットの照明を置く場合藻、コンセントが下にあれば大丈夫です。

あとは、エアコンのコンセントが必要ですね。

リビングやダイニングは、コンセントを使う目的をしっかりと考える必要があります。

テレビを置いたり、ブルーレイを置いたり、エアコンを置いたりします。

このため、ある程度コンセントの個数が必要です。

子供部屋は、寝室と同じ感覚でコンセントを設置すればいいです。

このように、部屋の利用目的によってコンセントの設置数や
配置が違います。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 一戸建てを購入するためのノウハウ » 注文住宅の電気設計図でスイッチやコンセントを確認