瑕疵担保期間をアピールするハウスメーカーは要注意 | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

瑕疵担保期間をアピールするハウスメーカーは要注意

瑕疵担保期間アピールするハウスメーカーは要注意です。


瑕疵担保責任は、法律で最低10年と決まっています。

そのため、この瑕疵担保責任をアピールしてくるハウスメーカーは
注意が必要です。

現在、この瑕疵担保の保証期間を長期間行っているハウスメーカーが増えています。

これは、他のハウスメーカーとの差別化のためです。

30年や50年の瑕疵担保責任を保証をする会社もあります。

しかし、これだけの瑕疵担保責任を保証をしても、
実際に対応をしてくれるかは、疑問が残ります。

家を建てて30年や50年経っていますと、一般的には老朽化をします。

瑕疵担保責任が保証されるのは、地震やシロアリなどに限定をされています。

長年の劣化による保証はされないのが常識です。

ただ、法律で10年の保証はされています。

もし、瑕疵担保責任を50年も設けているのであれば、
その事を契約書に記載をさせる必要があります。

そうしなければ、口約束で終わり、証拠が無いため
ハウスメーカーは50年の瑕疵担保保証をしないでしょう。

一般的な価値観として、瑕疵担保責任は20年以上設ける事は意味が無いです。

それ以上の瑕疵は、経過劣化によることがほとんどですので、
ハウスメーカーが保証をしないことがほとんどです。

このような現実を知っておくと、瑕疵担保責任の長さをアピールしている
ハウスメーカーに騙されないようになります。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 一戸建てを購入するためのノウハウ » 瑕疵担保期間をアピールするハウスメーカーは要注意