家の間取りの失敗として、LDKに階段を作る | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

家の間取りの失敗として、LDKに階段を作る

間取りの失敗として、LDKに階段を作る事です。


LDKに階段がある場合は、エアコンの効きが悪くなります。

そのため、家族のくつろぎの場であるLDKが非常に寒くなったり
暑くなったりして、快適に過ごせなくなります。

しかし、LDKに階段を設置をする事は、最近では人気があります。

リビングインと言いまして、デザイナー建築によく用いられています。

ただ、見た目のデザインが良くても、実際に快適に過ごせるかといえば
そのような事はありません。

オシャレな間取りを作っても、生活をしてみると意外と不便であることは
よくあることです。

なぜなら、リビングインにしますと、階段が上に空気が抜ける
空間を作ってしまいます。

そうなりますと、クーラーを使った場合、冷たい空気が
対流を引き起こします。

その結果、上の階との空気を入れ替えることになり、
エアコンの効きが悪くなります。

同じよな事が冬にエアコンを作ると発生をします。

暖かい空気が階段を伝って上の階に逃げるので、
LDKの部屋の気温が高くなりにくいのです。

このような事を防ぐために、リビングインの階段を設置をしたときは
階段にドアをつけるようにしています。

しかし、このドアをつけますと非常に危険です。

引き戸で無いので、手前に引っ張った時に
物や人にぶつかる危険性があります。

このような事を配慮して生活をしないといけなくなるので
住みにくい家となってしまいます。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 一戸建てを購入するためのノウハウ » 家の間取りの失敗として、LDKに階段を作る