家の間取りの失敗として、大きな吹き抜けを作る | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

家の間取りの失敗として、大きな吹き抜けを作る

家の間取り失敗として、大きな吹き抜けを作る事です。


最近では、家の間取りとして大きな吹き抜けを作ることが多いです。

非常に開放的であるため、見ている限りでは気分が良いです。

しかし、大きな吹き抜けは、いろいろな問題があります。

まず、想定されるのが熱効率です。

ただ、この熱効率に関してはほとんどの人が考えます。

建築をするハウスメーカーや工務店もしっかりと熱効率に関しては
対策をして計算をしています。

このあたりの事は良いのですが、意外な点で大きな落とし穴があります。

それは、吹き抜けにある窓の掃除ができなかったり、
簡単に電球の交換ができないことです。

このような事は実際に家に住んでから、理解できることです。

現実問題として、吹き抜けにある窓を掃除をするには
当然、はしごが必要です。

同じように吹き抜けに設けてある電球を交換をする場合でも
はしごが必要です。

しかし、このような事だけでなく、吹き抜けという場所は
想像以上にホコリが溜まるのです。

そのため、掃除を頻繁にすることが必要です。

これは、吹き抜けをLDKに作れば、料理をしている時の熱が
吹き抜けを通ります。

玄関に吹き抜けを作れば、外からの空気でホコリが溜まります。

結果として、クモの巣まで張るような状況になります。

そのため、大きな吹き抜けを作ることは、
生活をするうえで非常に不便になることがあります。

このような事を知っておくだけで、家の間取りの作り方が違います。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 一戸建てを購入するためのノウハウ » 家の間取りの失敗として、大きな吹き抜けを作る