高気密住宅に使われている断熱材 | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

高気密住宅に使われている断熱材

高気密住宅に使われている断熱材をご紹介します。


断熱材というのは、最近では大幅な改良が進んでおり、
性能も大きく向上をしています。

断熱材には、ランクというものがあります。

一般的には、価格が安いグラスウール、一般的な価格のロックウール、
価格が高い発泡性の物に分かれています。

価格が高い発泡性の物は、断熱性も高いです。

さらに発泡性の物は、音を吸収しますので、
防音性も優れています。

ただ、発泡性と言いましても、2つのタイプがあります。

発泡スチロールを貼っているタイプと混合液を使って膨らますウレタンタイプです。

単純に比較をすると、家を新築してから10年ぐらいは
ウレタンタイプが断熱の効果が高いです。

しかし、10年以上時間が経ちますと、
性能に差が無くなります。

これは、月日が経ちますと断熱材に隙間が発生をするからです。

これに比べて、グラスウールやロックウールは断熱材としての効果は
ありますが、高気密住宅に適していません。

そこまでの断熱材としての効果が無いからです。

ただ、その分コストが安いです。

このため、ハウスメーカーや工務店は発泡スチロールや
ウレタンタイプの断熱材を勧めてきますが、
コストを抑えるのであれば、グラスウールやロックウールを選ぶことです。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 一戸建てを購入するためのノウハウ » 高気密住宅に使われている断熱材