マンションの敷地と道路の高低差は、風水では重要 | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

マンションの敷地と道路の高低差は、風水では重要

マンションの敷地と道路高低差は、風水では重要です。


マンションの敷地と接する道路は、同じ高さであることが一番良いです。

もし、高低差がある場合は、一般的には2m以内の高低差であれば、問題ないです。

ただ、2m以上の高低差がある場合は、基本的には問題があります。

相当管理が行き届いていれば、大丈夫ですが、
それ以外の場合は、良くありません。

特に、敷地が道路よりかなり低い場合は、いろいろな問題があります。

風水上だけでなく、生活をするうえでも、
非常に大変な事が多いです。

例えば、エントランスが埃だらけになることが多いです。

なぜなら、吹き溜まりのように風が流れずに
ホコリが滞留をするからです。

さらに、雨が降りますと、敷地が低い場合は
浸水をしやすいです。

大雨が降りますと、エントランスや駐車場が
浸水をすることがあります。

最近では集中豪雨が発生する事が多いので注意が必要です。

特に都心部では、1時間100mm以上のゲリラ豪雨が
発生をする事がありますので、道路より敷地がかなり低い
場合は大変です。

このため、生活をするうえで非常に大変ですので、
高低差が2m以上あるマンションは、購入を避けた方が良いです。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 風水でマンションを選ぶポイント » マンションの敷地と道路の高低差は、風水では重要