風水家相の東北の方位は、相続や不動産に関係する鬼門 | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

風水家相の東北の方位は、相続や不動産に関係する鬼門

風水家相東北方位は、相続や不動産に関係する鬼門です。


東北の方位は、鬼門といわれる神聖な方位です。

そのため、この方位を汚したり、欠けさせたりするのは禁物です。

東北の方位には、変化や逆転の意味があります。

このため、吉相にする事で運が非常に良くなります。

また、相続や不動産、男性の健康などの運に影響を与えます。

ですから、住んでいる家族にとって重要です。

もし、東北の方位が凶相であると、家族にいろいろな変化が現れます。

突然、人事異動になって転勤をする事になったりして、
家族の生活が落ち着かなくなります。

一回転勤をするだけでなく、何回も転勤が続くようになる可能性があるため
単身赴任などをしないといけない状況になる事もあります。

その結果、主人の健康が悪化をして、男性特有の病気を発症したり
大きなケガをしたりする可能性もあります。

東北の方位は、相続で一番トップの位置である長男や
跡継ぎにはおススメの部屋となります。

相続に関して影響を与えるため、相続が発生をしたときに
東北の方位を重要視していると、相続でもめることが無くなります。

そのため、財産分与などがスムーズにいき、
会社を引き継ぐ事も滞りが無く円滑にできます。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 風水でマンションを選ぶポイント » 風水家相の東北の方位は、相続や不動産に関係する鬼門