寝室の方位は年代で変えるのが、風水家相の基本 | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

寝室の方位は年代で変えるのが、風水家相の基本

寝室方位は年代で変えるのが、風水家相の基本です。


家相は、寝床学と表現されています。

寝室の方位による影響は、寝ている時に働くのです。

寝室の運気に影響を与えるだけでなく、
その家全体の運気を吸収もします。

簡単に言えば、家相の吉と凶は寝ている人に作用をして
人の運に影響を与えるのです。

このような事を含めて、寝床学と言われています。

ですから、どのような方位を寝室とするか非常に重要です。

そして、寝室のどの場所にベットを置くかも重要です。

さらに、どのような向きで寝るかも重要です。

まず、寝室に関しては凶の方位が無いです。

このため、寝室の配置を決めるには、
年齢よって決めることがベストです。

若い世代の人は、太陽が昇る方位である
東側の部屋を寝室にする事です。

男性は、厄年(42歳)を向かえたら、
西方位の寝室にするべきです。

女性は33歳を過ぎたら、
西方位の寝室にするべきです。

しかし、子供が西方位の寝室を使いますと、
若い世代でありながら、落ち着きすぎたり、生意気になったりします。

このような事を防ぐために、
ベットや布団を東側に配置する事です。

そして、東側に頭を向けて寝ることで、
東方位の運気を吸収できるのです。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 風水でマンションを選ぶポイント » 寝室の方位は年代で変えるのが、風水家相の基本