風水では床の間や神棚、仏壇は和室で重要 | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

風水では床の間や神棚、仏壇は和室で重要

風水では床の間神棚、仏壇は和室で重要です。

和室に必要なものと言えば、床の間です。

小さくても床の間があると良いです。

和室に床の間がある事で、和室に限らず
家全体が落ち着きます。

このため、吉相となります。

ただ、床の間の方位にも吉相が存在をします。

床の間は、西の方位に設けることです。

そして、東に向けることがベストです。

また、北の方位に設けて南に向けるのも良いです。

神棚や仏壇も和室にはよく置くことが多いです。

最近では、和室に限らずに
神棚や仏壇を置く家庭があります。

家族がお参りをしやすい場所に祀って
家族全体の元気な姿を神様やご先祖様に
見てもらう事になります。

神棚や仏壇を祀る方位は、当然あります。

一番良い方位は、家の中心や北側や西側、
北西の方位が良いです。

北西の方位に仏壇や神棚の背を向けて
東南に向けることです。

また、西側の方位に仏壇や神棚の背を向けて
東に向けることです。

さらに、北側の方位に仏壇や神棚の背を向けて
南に向けることです。

神棚や仏壇は、西の方位や北の方位に
配置をする事はありません。

和室の出入り口の上に神棚を祀る事は、
あまり良くありません。

なぜなら、下に人が多く通るため
大地の気が神棚に通りにくくなるからです。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 風水でマンションを選ぶポイント » 風水では床の間や神棚、仏壇は和室で重要