風水の考えでは、部屋の広さで陰陽が違う | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

風水の考えでは、部屋の広さで陰陽が違う

風水の考えでは、部屋の広さで陰陽が違うのです。

どのような部屋であっても、陰と陽の気のバランスがあります。

陰は精神的な気でマイナスのパワーです。

陽は行動的な気でプラスのパワーです。

部屋の縦と横の寸法は、陰と陽のパワーに大きく影響を与えます。

1つの例として、8畳や4畳半のような正方形の部屋に関しては
陰か陽のパワーが強いです。

このため、精神的に影響を与えるパワーが強く
仏間などに利用する事が良いです。

日本では、部屋のサイズを大昔から
1間、1.5間、2間などの寸法で表示をしていました。

現在の日本でも4畳半は1.5間×1.5間です。

6畳は2間×1.5間です。

8畳は2間×2間です。

このような部屋の広さを陰陽のパワーで分けますと
1間、1.5間、3間が陽です。

そして、2間、4間が陰です。

このような事を踏まえますと、6畳は1.5間(陽)×2間(陰)
となります。

ですから、6畳は面積として陰陽のパワーのバランスが
とれていることになります。

幸運を呼び込む部屋を作るには、内装に関しても
陰と陽のパワーのバランスが取れていることが重要です。

それも、部屋ごとに運気が宿っています。

そして、陰と陽の強弱で部屋の特徴が出ます。

このような事から、部屋のインテリアをどのようにするかが
非常に重要です。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 風水でマンションを選ぶポイント » 風水の考えでは、部屋の広さで陰陽が違う