風水の考えではインテリアが与える心理的影響が違う | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

風水の考えではインテリアが与える心理的影響が違う

風水の考えではインテリアが与える心理的影響が違うのです。

陰のエネルギーが強い部屋では、
インテリアが陰のエネルギーを強くしていることが多いです。

そのような部屋の中に、丸いテーブルや
丸型のスタンドを置くと陽の気が強くなります。

果物かごなどには、バナナやブドウを入れて生活をしますと、
自然と陽のエネルギーが強くなります。

このような生活をしていますと、陰のエネルギーと
陽のエネルギーのバランスが取れるようになります。

ただ、このようなバランスを上手に取っていても
自分自身が陽の気をたくさん発している状態では、
まだ大丈夫と言えますが、陽の気が弱くなった時は
陰のエネルギーが強い部屋に帰りますと、
非常に落ち込むようになります。

同じような事が、若い世代の人が
陰のエネルギーの強い部屋に入ると
それまでバリバリ働いていた人が
テンションが低くなり、やる気が無くなって
若年寄のようになってしまいます。

このように考えますと、陰陽の気が極端に強い
部屋のインテリアにしますと、人間関係が悪化をします。

これは、そのような部屋にいますと
精神的に感情の起伏が激しくなり
自分で感情のコントロールができなくなります。

このため、自分自身を見失うようになってしまいます。

ですから、部屋のインテリアは
陰陽のバランスを取ることが重要です。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 風水でマンションを選ぶポイント » 風水の考えではインテリアが与える心理的影響が違う