マンションの免震部材、積層ゴムの特徴 | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

マンションの免震部材、積層ゴムの特徴

マンション免震部材積層ゴムの特徴です。

免震構造のマンションには、
基礎の部分に積層ゴムが使われています。

積層ゴムは、ただのゴムではなくて、
ゴムと合板が交互に配置されています。

そのため、このような仕組みによって、
地震の揺れを吸収するのです。

ゴムの種類は、大きく分けて3つあります。

・天然ゴム系積層ゴム

天然ゴムを利用しています。

設計をするうえで簡単にできます。

・鉛プラグ入り積層ゴム

積層ゴムの中心に鉛プラグを入れたタイプです。

積層ゴムが地震の震度によって変形をしますと
鉛プラグが変形をして地震のエネルギーを吸収します。

・高減衰型積層ゴム

特殊配合によって、ゴムの素材を粘りを高めて
エネルギーを吸収するようにするタイプ。

このような積層ゴムタイプは、高層マンション向きです。

逆に低層マンションには向いていません。

ですから、低層マンションに積層ゴムを使って免震構造を作っても
その効果は低くなります。

積層ゴムの装置は、それほど高価なものではありません。

ですから、積層ゴムを導入しているマンションは、
値段がそれほど値上がりをしません。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » マンションを購入するポイント » マンションの免震部材、積層ゴムの特徴