マンションの免震部材、転がり系の特徴 | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

マンションの免震部材、転がり系の特徴

マンション免震部材転がり系の特徴をご紹介します。

マンションの地震対策として、
ベアリングやローラーを利用した転がりによる
免震構造があります。

・ボールベアリングの方法

高硬度の特殊合板とボールベアリングを使っています。

小さな抵抗によって、地震が発生をしても
スムーズに動くことができます。

・偏心ローラー

偏心をさせてあるローラーを利用してある免震構造です。

このような転がり系の免震構造は、
人間の体の仕組みを取り入れています。

人間が地面から揺れを感じた時に、
下半身を動かして、平衡感覚を保つ仕組みです。

このような転がり系の免震構造は、
住宅都市整備公団が独自に研究を行って開発をしたものです。

そして、それを民間に提供をしています。

最近のマンション建設ではよく取り入れている免震構造です。

現在、マンション建設業界では、大きな地震に備えて
マンションが倒壊や崩壊を起こさないように、
いろいろな対策を取り入れることを当然としています。

さらに、マンションの購入者はそのような傾向を歓迎をしています。

東日本大震災のような大きな地震が発生をした後の日本では、
マンションの購入者は、地震から自分が住むマンションを守るため
耐震構造には敏感です。

ただ、それでも現在のマンション建設業界では、
コスト主義に走るあまり、安全性が低いマンションが
今でも建設されている現状があります。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » マンションを購入するポイント » マンションの免震部材、転がり系の特徴