マンションの建設単価が安いほど良いとは限らない | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

マンションの建設単価が安いほど良いとは限らない

マンション建設単価安いほど良いとは限らないです。

どのような時代であっても、マンションを購入する時は、
1円でも安い物件を探したいのが世の常です。

そして、自分が希望をするマンションの間取りや設備が
備わっているマンションから少しでも安いマンションを
購入するために、多くの物件をリサーチします。

このようなニーズがあることを前提に、マンションを販売する業者は
出来る限り安くマンションを販売をしようとします。

しかし、そのような意識がマンションの建設の質の低下を
招く可能性が十分にあり得ます。

このため、マンションを販売する業者は、
マンション購入者が望む構造や設備を導入して
さらに割安感を出せる価格でマンションを販売をするように
最大限の努力をします。

マンションを購入する人は、一番最初に質を求めます。

質というのは、まず、マンションの広さや基本的な構造は
当然のことながら耐震性や防音性なども重視をしています。

耐震性1つを見ても、現在では免震構造の導入は当然です。

このような事を考えますと、免震構造が無いマンションは
時代遅れのマンションです。

設備に関しても、トイレなどは温水洗浄便座が
今の時代には標準装備が当たり前です。

このような標準装備が無いマンションは、
安くて悪い物件と認識をするのが、マンション購入者の視点です。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » マンションを購入するポイント » マンションの建設単価が安いほど良いとは限らない