環境に良いマンションは、第一種住専地域が良い | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

環境に良いマンションは、第一種住専地域が良い

環境に良いマンションは、第一種住専地域が良いです。

マンションを購入する上で、土地の立地条件を調べるには
用途地域を確認する必要があります。

用途地域の中で一番マンションに適しているのは、
第一種住居専用地域です。

マンションであれば、第一種・二種中高層住居専用地域と考えがちですが、
超高層マンションの立地条件を考えれば、第一種住居専用地域が良いです。

どうしても、第一種・二種中高層住居専用地域では、
建ぺい率や容積率に制限があるから、超高層マンションの建設が難しいです。

第一種住居専用地域であれば、劇場や風俗店、大中規模の工場の
建設ができないため住む環境として良いです。

最近の傾向としては、農地であった場所にマンションを
建設をする傾向が見られます。

これは地主が農地を宅地として売却をしている人が多いからです。

宅地として所有していると固定資産税を支払う金額が
負担となり、売却する人が多いです。

このような事もあって、郊外などにマンションを建設する傾向が多いです。

郊外であっても、環境が良い場所が多いです。

郊外の方がショッピングセンターやホームセンターなどがあることが多いため
意外なほど住みやすい環境があります。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » マンションを購入するポイント » 環境に良いマンションは、第一種住専地域が良い