家を探す時は、2種類の地図を持つ | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

家を探す時は、2種類の地図を持つ

家を探す時は、2種類地図を持つ事です。

家を購入したいと思ったときに、物件を探す時には、
必要なツールがいろいろあります。
その中で、2種類の地図を持つことは
非常に重要です。

このような地図は、不動産会社も必ず持っている地図です。

まず、ゼンリンの住宅地図は必需品です。

この地図は、必ず不動産会社が持っていますし、
図書館や役場、法務局にも置いてあります。

ですから、このような場所で自分が良いと思った物件の
周辺の場所の地図をコピーをするとよいです。

もう1つの地図は、1万分の1の縮尺地図です。

これは本屋で購入できます。

この2つの地図を持って、物件を調査することになりますが
物件を調査する時のポイントは、
現在の物件の環境を確認をして、交通アクセスを地図を見て
確認をすることです。

それだけでなく、将来物件の環境が
どのように変わるか予測もできるようになります。

このような事ができる事で自分が購入を検討している物件の
マイナスの面もわかります。

物件の近くに、大きな空地や畑、工場などがないか調べてください。

もし、そのようなものがあれば、将来その場所に
マンションが建つ可能性があります。

マンションが建った時に、物件に日が入らなくなる可能性が
十分あり得ます。

このような事は2つの地図を見ることで確認できるのです。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 一戸建てを購入するためのノウハウ » 家を探す時は、2種類の地図を持つ