家を調査する時は、外観から調べる | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

家を調査する時は、外観から調べる

調査する時は、外観から調べる事です。

家を購入したい人が、購入を検討している物件を見つけたら
物件まで行って、まずは外観を調べる事です。

パッと見て、クラック(亀裂)がある物件は要注意です。

クラックを見つけるには、双眼鏡を持っていくと
見つかりやすいので、ぜひ、物件を調査する時は
持っていきましょう。

クラックでも髪の毛みたいなクラックは
経年劣化であり、自然とできるものですから
新築、中古を問わず、気にする必要がありません。

ただ、クラックがひどい物になりますと
小指が入るぐらいの物ができているときがあります。

このような物件は、購入NGです。

さらに、隣接地を調べることも必要です。

マンションなどは、西向きの部屋などはあります。

そして、西向きの部屋の隣に駐車場があったり
空き地があったり、工場があったりしますと、
購入をしないほうが良いでしょう。

何故かといいますと、そのような土地には
将来マンションが建つ可能性があるからです。

もし、マンションが建ちますと、日当たりが悪くなり
暗い住まいとなります。

特に用途地域で商業地域と工業地域は注意が必要です。

日陰制限がありませんので、隣の土地に高いマンションが
建つ可能性もあります。

このようなことも考えて、家を購入する時は調査をするべきです。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 一戸建てを購入するためのノウハウ » 家を調査する時は、外観から調べる