注文住宅を買う時に、予算がオーバーの場合は、変形土地を検討する | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

注文住宅を買う時に、予算がオーバーの場合は、変形土地を検討する

注文住宅を買う時に、予算がオーバーの場合は、変形土地を検討することです。

家を建てる時に、予算がオーバーの時は、土地の予算を削ると良いです。


土地というのは、価値がある土地と価値が低い土地があります。

この土地の価値というのは、人によって全く違います。

しかし、土地の価格に関しては共通している価値観があります。

ただ、土地の価格が高いから住みやすいとか、土地の価格が安いから住みにくいとか、そのような事がありません。

あくまで、不動産の中で価値が高い土地が価格が高いのです。

そのため、家を建てる時に建物にこだわりがある人は、土地に対してこだわりを捨てると家の予算を削る必要が無いです。

このような時に変形土地というのは、考え方によっては土地が非常に安く買えます。

変形土地というのは、旗竿地やL型の土地などがそうです。

土地の整形してある形が変なのです。

そのため、いわゆる死に土地が多く存在をします。

このような事もあって、死に土地である場所は土地の価格が非常に安いのです。

このため、土地が広くても、土地の価格が安いことが多いのです。

変形土地を購入する時は、家の建て方をよく考えると、家を建てる予算が非常に安くなります。

このような事から、意外と不動産に精通をしている人は、ワザと変形土地を購入して家を建てる人が多いです。

変形土地というのは、数年売り残っていることも多々ありますから、価格の交渉がしやすいです。

家を建てる予算がオーバーをしている時は、変形土地を検討してみると良いです。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 家を買う時の予算の考え方 » 注文住宅を買う時に、予算がオーバーの場合は、変形土地を検討する