注文住宅を買う時に、予算がオーバーの場合は、古家付き土地を検討する | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

注文住宅を買う時に、予算がオーバーの場合は、古家付き土地を検討する

注文住宅を買う時に、予算がオーバーの場合は、古家付き土地を検討することです。

更地の土地は、一番価格が高いですから、ワザと家が建っている土地を購入する事も一案です。


どうしても、家の予算を削りたくない人は、意外と多いです。

家に対して、こだわりがある人が多いという現実があるからです。

これは、家は一生住む場所であるから、人間の心理としてこだわりたいのです。

そのため、予算がオーバーをしている時は、古家付きの土地を買うことも良いです。

なぜなら、このような土地というのは、相場より安いです。

これは、古家が付いているからです。

古家が付いている土地は、家を解体する事を前提に土地を販売しています。

そのため、家を解体する費用を土地の価格から差し引いて、価格に載せています。

このため、このような土地を買えば、土地代が安くなります。

しかし、古家付き土地を購入した人は、必ず家を解体をする必要が無いです。

古家に住んでもいいのです。

古家に住みながら、新しい家を建てる予算を貯めてもいいのです。

このような考え方もできますので、古家付き土地というのは、意外と魅力があります。

ただ、古家を解体をする時は、ある程度の金額(数百万)の解体費用が必要であることは知っておくべきです。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 家を買う時の予算の考え方 » 注文住宅を買う時に、予算がオーバーの場合は、古家付き土地を検討する