賃貸住宅に住むメリットは、管理を自分でする必要が無い | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

賃貸住宅に住むメリットは、管理を自分でする必要が無い

賃貸住宅に住むメリットは、管理を自分でする必要が無いことです。

これは持ち家の人には無いメリットです。


賃貸住宅に住んでいて、給湯器が壊れたとします。

このような場合は、賃貸住宅のオーナーの人が給湯器の修理代を払ってくれます。

そのため、出費は0円です。

給湯器が壊れますと、一般的には10~20万円の金額の出費が必要ですから、かなりお得です。

このような事は自分が家を持ちますと、全ての修理代は自分で払う必要があります。

賃貸住宅では、メンテナンス代は、自分から支払う必要が無いです。

そのため、家賃と火災保険代と更新代を支払っていれば、そのまま住み続けることができます。

このような意味で、想像以上に出費が抑えられるのが賃貸住宅に住むメリットです。

また、賃貸住宅に住むときであっても火災保険は支払う必要がありますが、その金額は知れています。

しかし、自分が家を購入しますと火災保険の金額は10万円以上はいきます。

これは、結構な出費となります。

このような事が賃貸住宅と持家の違いです。

さらに、賃貸住宅に住んでいると町内会に出席をする必要がありません。

そのような事はすべて賃貸住宅の管理会社が代理で行ってくれます。

このため、煩わしいことは、すべて賃貸住宅の場合は、する必要が無いのです。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 賃貸住宅に住むメリット・デメリット » 賃貸住宅に住むメリットは、管理を自分でする必要が無い