賃貸住宅に住むデメリットは、広い物件が少ない | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

賃貸住宅に住むデメリットは、広い物件が少ない

賃貸住宅に住むデメリットは、広い物件が少ないことです。

どうしても賃貸住宅は、分譲住宅に比べて狭い現状があります。


これは賃貸住宅のデメリットであります。

しかし、自分が分譲住宅を購入しない限り、ほとんど解決できない問題です。

一般的にファミリー賃貸物件の場合は、広くて60㎡あればよいと事でしょうか?

一軒家を賃貸をすれば別ですが、賃貸住宅で70㎡を超える物件というのは、ほとんどないのが現状です。

そのため、広い賃貸住宅を借りるには、一軒家を借りる必要がありますが、家賃が高いことが一般的です。

東京・名古屋・大阪などの都会では、軽く家賃10万円は間違いなく超えます。

普通に家賃20万円を超えても不思議でもありません。

また、立地条件も郊外であることが多いです。

中々都心で一軒家の賃貸住宅を借りるのは、家賃を考えても難しいことです。

このような事を考えれば、一般的な賃貸住宅に落ち着くことになります。

ただ、賃貸住宅の場合は、やはり広くないので、それなりの制約を受けます。

風呂が狭いことが多いですし、キッチンが狭い事が多いです。

このような事にストレスを感じているのであれば、家を購入することをおススメします。

そうすれば、賃貸住宅のデメリットである広い物件が少ない現状から抜け出すことができます。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 賃貸住宅に住むメリット・デメリット » 賃貸住宅に住むデメリットは、広い物件が少ない