賃貸住宅に住むデメリットは、内装を自由に変えられない | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

賃貸住宅に住むデメリットは、内装を自由に変えられない

賃貸住宅に住むデメリットは、内装を自由に変えられない事です。

これは、賃貸住宅であるため、どうしようもない事であり、割り切ることが必要です。


賃貸住宅というのは、内装は大家が決定権を持っているのが一般的です。

入居をする前に、クリーニングをしていることが一般であるため、その時に内装が決まっています。

そのため、内装を追加をすることは一般的にできないです。

しかし、クロスなどは、入居者負担で交換をしたいと大家に言えば、対応してくれることもあります。

このような事を差し置いても、基本的には内装を変えることは難しいです。

このため、どうしても欲しい設備がある時は、入居者負担で大家の同意のもとに追加をする必要があります。

ただ、大家の立場で考えれば、大掛かりな内装の変更というのは認めたくないのが本音です。

そのため、間取りの変更などはまず認められません。

そして、キッチンなどを交換をすることは、あまり大家も認めたくありません。

このため、多少の内装の変更は可能かもしれませんが、あまり大したことができないのが本音です。

このような事を考えれば、いずれ、家を購入する事を考えているのであれば、賃貸住宅に住むことを考えるより、持ち家を買うことを考えた方が良いです。

そうする事で、自由に内装を変更をすることができるからです。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 賃貸住宅に住むメリット・デメリット » 賃貸住宅に住むデメリットは、内装を自由に変えられない