賃貸住宅に住むデメリットは、家賃を捨てている | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

賃貸住宅に住むデメリットは、家賃を捨てている

賃貸住宅に住むデメリットは、家賃を捨てている感覚をすることです。

賃貸住宅は、家を借りている状態ですので、自分の所有物にはなりません。


これは、当然と言えば、当然のことですが、賃貸住宅は家賃をどれだけ支払っても自分の持ち家にすることができません。

このため、家賃を毎月支払うことは、非常にもったいない事であると感じるのです。

実際に家を購入する場合は、住宅ローンの支払いと家賃の支払いが金額的に変わらない事があります。

そのような事を考えれば、家を購入した方が良いと言う事になります。

しかし、家を購入する事は、当然デメリットもあります。

家を購入した時に、周囲と人間関係が上手くいかなければ、簡単に引っ越すことができません。

このような事を考えれば、賃貸住宅に住んでいれば、契約を解除をして、簡単に引っ越すことができます。

また、固定資産税の支払いなども結構な金額となります。

このため、賃貸住宅の家賃を払い続けることは、デメリットでもありメリットでもあります。

昔から、賃貸住宅と持家のどちらが得であるかという企画は、たくさんありました。

ただ、最終的な回答というのは、あまりハッキリと出たことがありません。

しかし、最近の傾向として、持ち家を購入する事は、老後が楽であるという安心感によって、多くの人から支持をされています。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 賃貸住宅に住むメリット・デメリット » 賃貸住宅に住むデメリットは、家賃を捨てている