一戸建ての広さは、家族構成を考える | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

一戸建ての広さは、家族構成を考える

一戸建て広さは、家族構成を考える事です。


日本では、都会での住居水準は、4人家族では
敷地の面積が約90㎡と規定されています。

日本人が生活するには、このぐらいの広さの家が必要という事です。

ただ、実際には、この程度の広さの住居に住んでいない世帯が多いです。

日本政府の統計によりますと、20代~40代では、
この敷地の住居水準は、約40%の達成率です。

50%を超えるのは、50代になってからという現実があります。

このため、親が一番働く世代で、本当に必要な家の敷地の広さが
確保されていません。

しかし、子供が独立をして、水準の家の広さを必要としない世代が
広い敷地の家に住んでいるのです。

実際に、65歳以上の夫婦だけの世帯では、
100㎡以上の家に住んでいる人は、50%以上です。

それに対して、3人、4人の世帯の家族構成の場合は、
50%以上の世帯で100㎡以下の家に住んでいます。

90㎡という広さは、マンションであれば、
一階だけの広さですので、広く感じます。

これが、一戸建てになりますと、基本的には二階建て以上となります。

そのため、階段が存在をすることになります。

この階段が、生活をするうえで必要なスペースを取るのです。

このような事から、一戸建てに住むのであれば、
最低100㎡以上は欲しいです。

特に、家族構成が3人、4人であれば、なおさらです。

敷地面積の狭い一戸建てを購入しますと、
階段が急になり、年をとった時に苦労をします。

また、売却をする時も、買い手が見つかりにくいです。

そのため、一定以上の広さの一戸建てを購入するべきです。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 家を買う時の考え方 » 一戸建ての広さは、家族構成を考える