一戸建てには、主に三つの工法がある | 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

ie2 ie2

一戸建てには、主に三つの工法がある

一戸建てには、主に三つの工法があるのです。


一言で一戸建て住宅と言いましても、数種類の工法があります。

どの工法を選ぶかは、各個人の好みにもよりますし、
予算や工期、居住性などの違いもあります。

自分の家族には、どの工法が良いのか、
よく考えて一戸建てを購入するべきです。

そうする事で、物件を選ぶときに、
それほど悩まなくて済みます。

日本では、昔からある木造軸組工法や
戦後に開発されたプレハブ工法、
2×4工法の3つが主流であります。

この3つの工法で、一戸建ての99%が建っています。

日本の気候は、高温多湿です。

そのため、主要部材が木材である事と
通風にも優れていることを考えますと、
木造軸組工法が一番ベストと言っていいでしょう。

しかし、当然、デメリットもあります。

気密性がそれほど強くない事や、
エネルギーの効率が悪いという点です。

さらに、現場作業が中心となって、家を建てます。

このため、家を建てる職人の技量によって、
しっかりした家が建つか、かなり変わってきます。

当然、家の品質にばらつきが出てきます。

このような事があり得るのです。

プレハブ工法は、主要部材を工場で生産しています。

このため、品質のばらつきは、あまりないです。

また、大量生産ができるので、割安な価格で家が建ちます。

しかし、プランがある程度決まっていますので、
自由なプランを作ることが難しいです。

さらに、リフォームなどをすることは、
あまり向いていない工法となります。

2×4工法は、二インチと四インチの木材でパネルを作ります。

そのパネルと組み合わせて家を建てます。

気密性が非常によく、火災や地震にも強いです。

ただ、パネルを組み合わせて作るので、
窓の設置位置が制約をされたりします。

また、リフォームをする時の自由度が低いです。

一戸建てを購入する時は、主な工法を理解して、
予算を考えながら、自分たちに合う工法を選ぶと良いです。

ie3 ie3
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!!

家を購入する!自宅を買う時は全国の優良なマイホームの情報を簡単検索!! TOP » 家を買う時の考え方 » 一戸建てには、主に三つの工法がある